[ファイアウォール]


<#interop 2014(その8)-RTX1210>

[ファイアウォール] #interop 2014(その8)-RTX1210

ヤマハの平野です。

Interop Tokyo 2014のヤマハ/SCSKブースの「RTX1210」の展示をご紹介します。

【展示コーナー等】

RTX1200は、中央の「青」の柱のところで展示されていました。

Img_6075

また、ほかの展示コーナーでも動態展示していました。

Img_5704

【RTX1210】

Best of Show AwardのパネルとRTX1210

Img_6038

少しRTX1210を写真で紹介しましょう。

Img_6048

浮いている、訳ではない。

Img_6069

Img_6070

【ディテール】

天面には、通風孔を開けています。金属筐体なので「パンチング」という加工になるんですかね。

Img_6083

Img_6085

電源インレットの部分です。実質的な奥行を長くし過ぎないように電源インレットが奥にへこんでいます。

Img_5721

底面に2ヶ所の大きな凹みがありますが、発熱の大きい半導体を金属筐体で放熱させています。

Img_5722

【Web設定画面】

こちらは「かんたん設定」の画面です。

Img_5661

こちらがダッシュボードの画面です。

Img_5662

【プレゼンテーション資料】

Img_5705

Img_5706

Img_5707

Img_5708

Img_5709

Img_5710

Img_5711

Img_5712

Img_5713

Img_5714

Img_5715

Img_5716

【Interop Tokyo 2014記事】

【Interop Tokyo 2013記事】

【Interop Tokyo 2012記事】

【Interop Tokyo 2011記事】

【Interop Tokyo 2010記事】

【Interop Tokyo 2009記事】

【Interop Tokyo 2008記事】

【Interop Tokyo 2007記事】


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。