[ファイアウォール]


<ネットワーク製品アップデートセミナー2014(5)-広島:展示>

[ファイアウォール] ネットワーク製品アップデートセミナー2014(5)-広島:展示

ヤマハの平野です。

11/18(火)に広島の「ネットワーク製品アップデートセミナー」の展示をご紹介します。

【WLX302】

WLX302は、電波の見える化とスマートデバイスの端末管理をご紹介しています。

Img_7270

WLX302のパネル。

Img_7275

【RTX1200】

RTX1200では、SWX2200のスイッチ制御画面を展示しています。

Img_7271

【RTX1210】

RTX1210は、LANマップ機能を紹介しています。

Img_7272

RTX1210のパネル

Img_7276

RTX1210は静態展示のものもありました。

Img_7284

こちらは、LANマップの画面です。
上部に選択しているネットワーク機器の状態が表示されます。
左下部では、木構造でネットワーク機器の接続状態が表示されていて、機器を選択することができます。
右下部には、端末リストが表示されていて、選択しているネットワーク機器に接続されている端末が一覧できます。

Img_7301

【RTX1200とRTX1210の比較】

RTX1200とRTX1210は、並べて表示されていました。

Img_7277

Img_7302

Img_7303

Img_7304

【FWX120】

FWX120は、主にダッシュボード画面が表示されていました。

Img_7283

FWX120のパネル

Img_7274

【X13】

新しいインテリジェントL2スイッチには、8ポート版、16ポート版、24ポート版がある。
しかも、「LANマップ」搭載。

Img_7297

8ポート版には、SFPポートが1個。

Img_7298

16ポート版には、SFPポートが2個.

Img_7299

【講師機材】

講師機材は、RTX1210、SWX2200-8G、SWX2200-8PoE、WLX302でした。

Img_7280

Img_7281

【RTX1210 関連情報】

【FWX120関連記事】

【ネットワーク製品アップデートセミナー(2014年度)】

【ネットワーク製品アップデートセミナー(2013年度)】

【LAN見える化セミナー(2012年度)】



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。