[ファイアウォール]


<#interop 2015(その7)-ヤマハブース(5G04)の二日目 #interop15>

[ファイアウォール] #interop 2015(その7)-ヤマハブース(5G04)の二日目 #interop15

ヤマハの平野です。

Interop Tokyo 2015の二日目のヤマハSCSKブース(5G04)の様子をお伝えしします。

【幕張メッセの二日目】

二日目は、曇りでした。

Img_0639

【Dante機器】

Danteに準拠したネットワークオーディオ機器がSDMコンソーシアムブースで使われています。

Img_0640

Img_0642

Dante準拠機器は、冗長構成が前提のLAN端末なんですよ。

Img_0643

【機材準備】

さぁ、準備が始まりました。

Img_0644

Img_0645

SWX2300は、telnetで設定します。

Img_0647

.

Img_0648

デモマニュアルは、土壇場で急造しましたが、綺麗にできています。

Img_0651

【ブースコンパニオンのみなさん】

ブースのコンパニオンさんにカメラを向けたら、プロフェッショナルなポージングをしてくれました。

Img_0656

【SWX2300とSWX2100】

Img_0672

Img_0678

SWX2300は、フロントパネルが鏡面になっています。カメラマン泣かせ?

Img_0650

SWX2300は、GUIからコマンド入力することも可能です。

Img_0661

"show running-config"を入力してみました。

Img_0662

SWX2100は、ハブ機能に特化した普通のスイッチングハブです。オフィス用スイッチングハブと同等価格ですが、ヤマハのLANマップによる管理機能に対応しています。「究極の島ハブ」

Img_0676

ノンインテリジェントなスイッチングハブですが、LANマップで管理できてしまいます。

Img_0679

ノンインテリジェントなスイッチングハブですが、ループを検知してブロッキングしている状態を見える化することができます。スイッチングハブにイノベーションが起こっています。

Img_0677

【USBマイクスピーカー】

YVC-1000の本体が綺麗です。

Img_0665

YVC-1000のマイクユニットも綺麗です。

Img_0666

【プレゼンテーション】

30分に一回プレゼンテーションが行われています。

Img_0658

Img_0664

Img_0669

【来客対応】

Img_0660

Img_0667

Img_0668

Img_0670

Img_0673

Img_0674

【電波の見える化】

相変わらず、混雑しています。

Img_0675

【夕日】

最後になんとか雲間から夕日が見れました。

Img_0680

【6/11のツイート】

【Interop Tokyo 2015記事】

【Interop Tokyo 2014記事】

【Interop Tokyo 2013記事】

【Interop Tokyo 2012記事】

【Interop Tokyo 2011記事】

【Interop Tokyo 2010記事】

【Interop Tokyo 2009記事】

【Interop Tokyo 2008記事】

【Interop Tokyo 2007記事】



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。