[ファイアウォール]


<ネットボランチDNSサーバーにAAAAが仲間入りしました>

[ファイアウォール] ネットボランチDNSサーバーにAAAAが仲間入りしました

ヤマハの里吉です。

ついに、あのネットボランチDNSサーバーへAAAAレコードが登録できるようになりました! やりました!パチパチパチ!

私、(嫁さんに日々怒られながらも...)ちょうど最近自宅のwebサーバーをデュアルスタック化してまして、もうちょっとで完成です。。ふぅ。

ヤマハルーター側(私はRTX830を使ってますが)は、

netvolante-dns hostname host lan1 (hostname) ipv6 address
netvolante-dns go lan1

こんな感じでIPv6アドレスをネットボランチDNSサーバーに登録できました。

これで、足回りはIPv6でダイレクトかつスピーディーに(これがだいじ!)アクセスできるようになるかと思うと、いやぁ、個人的にもかなりうれしいですねぇ。

私の実家は農家で、こだわって作った作物などのご紹介をしているwebページを自宅サーバーで公開してきまして、現在改修工事中ですが、年末にリニューアル公開できればうれしいな、その時はIPv6でのアクセスをテスト的に開始してみても面白いかも、うふふ。(妄想中。。。)

ってことで、ネットボランチDNSにAAAAが加わりました。改めまして、皆様もぜひ使ってみてください。もちろん、ネットボランチDNSは無料で利用できます!

P.S.
このブログサイト、v6対応したいですね!!

P.P.S
コマンドヘルプを見てみてください。
なお、netvolante-dnsコマンドが載った最新のコマンドリファレンスをまもなく公開しますのでご期待ください。

○ネットボランチDNSのFAQ
http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/NetVolanteDNS/index.html

○ヤマハルーター側の設定例(ご参考)

[Config例 RAプロキシ]
ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64
ipv6 source address selection rule lifetime
ipv6 lan1 address ra-prefix@lan2::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1 o_flag=on
ipv6 lan1 dhcp service server
netvolante-dns hostname host lan1 (hostname) ipv6 address
ipv6 lan2 dhcp service client ir=on
dns service fallback on
dns server dhcp lan2

[Config例 DHCPv6-PD]
ipv6 route default gateway dhcp lan2
ipv6 prefix 1 dhcp-prefix@lan2::/64
ipv6 source address selection rule lifetime
ipv6 lan1 address dhcp-prefix@lan2::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1 o_flag=on
ipv6 lan1 dhcp service server
ipv6 lan2 address dhcp
ipv6 lan2 dhcp service client
ngn type lan2 ntt
netvolante-dns hostname host lan2 (hostname) ipv6 address
dns service fallback on
dns server dhcp lan2


ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。