[トピックス]


<ヤマハ・オトナの社会見学!?>

[トピックス] ヤマハ・オトナの社会見学!?


皆さま、こんにちは。

ヤマハ・新人のまちよです。

 

先日、ヤマハ製品(ネットワーク製品や音環境製品、AV機器、電子ピアノなど)を保管・出荷していただいている「浜松倉庫株式会社」様へ見学に伺いました。

Photo

製品がどのような場所で管理・出荷されているか、自分たちの目で見ることで知識をより深めようと、

集まったスタッフは総勢25名(まるで大人の社会見学)!

Photo_2

 約5000坪の保管スペースを持つこちらの倉庫では、ヤマハの製品がなんと7割以上を占めているのだとか!

 

約16年前から製品と一緒に納品されてきた木製パレットは、歴史とともに良い感じに経年変化していました。

5

さて、こちらの倉庫では、つい最近、全館無線LANを導入され、今までマンパワーに頼りがちだった管理をシステム化されたそうです。

 

例えば、こちらの機械で製品箱のバーコードをスキャンするだけで在庫数や引受可能数がすぐに把握できたり・・・

Photo_3

作業の途中でも、出荷状況がタブレットでリアルタイムに一元管理できたりなど・・・

2

さらに、梱包時の異物混入を防ぐため、整理整頓されているのはもちろん、備品の一つ一つにも管理番号が貼られている徹底ぶり!

4

ヤマハの製品は電子機器が多いため、建物の強度対策はもちろん、
荷物の積み方にも工夫を凝らすなど安全対策にも細心の注意を払っていただいており、スタッフ一同感心しきりでした。

11

ところで、倉庫のお仕事というと、何となく男性(力仕事)のイメージがありましたが、こちらの倉庫では、女性も多く活躍されています。

 

例えばこちらの女性、育児休暇から復帰されたばかりの20代のママ!

Lift

そのCOOLなフォークリフトさばきに、「カッコいい!」とため息がでるほど(笑)。

(フォークリフト運転手20名のうち、女性が6名とのことです!)

 

 

すべての製品に対して安全な管理に努められている浜松倉庫様

 

製品に対する細かな心配りに、私たちが企画・開発・製造した製品をお届けするためのアンカーとして、心強いパートナーだと改めて実感することができました。

 

 

これからヤマハ製品をお届けする皆さまにも、ぜひ、製品が保管されていた倉庫のことにも思いを馳せて頂けたら嬉しいです!


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/240314/6969950

このページへのトラックバック一覧


コメント

コメントを投稿



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

会議システムとは、手軽に遠隔地と連絡や議論を行うためのもの。実際は、ハウリングしたり、声が途切れたり、返事が聞こえなかったり。プロジェクトフォンは、会議の音を改善する新しい会議システムです。

ルータ&ファイアウォール



 1995年よりISDN応用製品のひとつとして始めたヤマハルーター。常にSOHO、中堅・中小企業の皆様に最先端のネットワークソリューションを提供し、多くの実績をお客様と共に作って参りました。SRT100は、より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。