[ファイアウォール]


<【最新ファームリリース】WLXシリーズの最新ファームがリリース>

[ファイアウォール] 【最新ファームリリース】WLXシリーズの最新ファームがリリース

お客様相談(バックヤード)の加奈子です。

 

最近ラインナップが増え、ますます充実したWLXシリーズの最新ファームがリリースされました!

リリースされた最新ファームは以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(1)WLX402 Rev.17.00.12

(2)WLX313 Rev.18.00.06

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(1)WLX402 無線LANコントローラー機能の拡充

  (Point1)予てからご要望いただいていたWLX313の管理が可能になりました。

  なお、WLXシリーズにおいて現状、WLX402を上位モデルと位置づけているため、WLX313をコントローラー、WLX402をメンバーとすることはできませんので、あらかじめご留意ください。

 

   (Point2)複数グループ対応

  無線LANコントローラー機能で複数のグループを作成できるようになりました。

  これにより、従来は1台のコントローラーでは全メンバーを共通設定するのみでしたが、部門ごと、フロアごとに条件を変えながら複数の無線環境に対応可能になります。

 

  (Point3)グループごとに無線構成が2個設定可能

  これにより時間帯別設定や平日・休日用の設定など、ケースバイケースの無線環境の活用が期待できます。

   柔軟な無線構成が実現可能になりましたので、ぜひお試しください!

 

   また、WLX402 は上記以外もどしどし機能を追加中。

 WLX313のみ搭載されていたAP間プライバシーセパレータ機能をはじめ、多くの機能追加を行っております。

 リリースノートをご参照の上、より便利になったWLX402の機能をご活用いただければ幸いです。

 

(2)WLX313 バグ修正しました

 RADIUSサーバー機能で認証方式がEAP-TLSのユーザーを削除もしくはクライアント証明書の失効を実行し30日以上経過すると、EAP-TLSを使用する全ユーザーの認証が失敗するようになるバグを修正しました。

 旧ファームを利用していて突然認証失敗する端末が増えた場合には、このバグの影響が考えられますので、ファームウェア更新をご検討ください。

以上、ぜひWLXシリーズをご利用中の方はぜひご活用くださいませ。



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

「音」をソリューションとした製品で快適なコミュニケーション・働き方改革などを支援します。

ヤマハネットワーク機器

「見える・つなぐ・ヤマハ」- ヤマハネットワーク機器で運用管理を簡単に。より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。