[トピックス]


<SCSK主催「ヤマハミートアップ東京2020」>

[トピックス] SCSK主催「ヤマハミートアップ東京2020」

ヤマハの井上です。 

1月23日(木)にヤマハMeetup東京2020 〜Happy New Year〜 をヤマハ銀座店で
開催しました。

あいにくの雨にも関わらずたくさんのご来場誠にありがとうございました。

 当日は、ヤマハセッション「ヤマハのスイッチ最前線〜ちょっと裏話も〜」パネルディスカッション「ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの壁」、ライトニングトークを実施しました。

 「ヤマハのスイッチ最前線〜ちょっと裏話も〜」では、1月に発売したライトL3スイッチ「SWX3100-18GT」、インテリジェントL2スイッチ「SWX2310シリーズ」について、その特長、事例についてご紹介しました。

Img_0578_3 ※セミナーの様子。

「ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアの壁」では、仮想ルーター「vRX」について設定例等の技術情報を拡充することでネットワークエンジニアのクラウドシフトを支援する事が大切というご意見が非常に印象に残りました。

導入事例では、国内最大規模のセキュリティ競技会「SECCON 2019」様での導入事例が紹介されました。
「SECCON 2019」様では、オールヤマハでネットワークを構成してから4年間運用中のトラブルがないと高い評価を頂きました。
また、Yamaha Network Organizer「YNO」を利用してみたい。Ansibleで実機の構成管理をしたいといったご要望もいただきました。

またビアバストのLTでは、ヤマハルーターのAnsible対応やLuaプログラムなどプログラミングの話題も増え、新しい風を感じました。

 今後もヤマハのホームページでvRXの設定例を拡充して行く予定ですのでよろしくお願いします。

 今後もお客様の声に耳を傾けお客様の役に立つことをモチベーションに頑張ってまいりたいと思いますのでよろしくお願いします。



ヤマハのネットワーク製品

プロジェクトフォン

「音」をソリューションとした製品で快適なコミュニケーション・働き方改革などを支援します。

ヤマハネットワーク機器

「見える・つなぐ・ヤマハ」- ヤマハネットワーク機器で運用管理を簡単に。より信頼性の高いネットワークセキュリティを実現します。